にへるつおるぐ | ブログ | コンタクト | 統計 | カゴの中身を見る

144MHz帯FM・データ送出機能付き

罠用発信器

罠猟用・防水仕様
(AWDD29,AWDE29)
Since 2001-9

罠用発信器は、鳥取県内の、ある狩猟家グループからの依頼により開発され、使用されているものです。実際に猟果もあり、実用性は、まずまずみたいです♪ 特に水道部品を使ったケースは良好で、今まで使っていた他メーカーの発信器基板も、当発信器のケースに入れ替えて使われています♪

販売を休止します。再開時期は未定です。ただし、在庫のあるパーツや修理については可能なことがありますので、お問い合わせ下さい。(2012-5-12)

過去のお知らせ(履歴)

■■■開発休止中■■■

Since 2004-12-8

本罠用発信器には以下のようないくつかの問題点があるのですが、毎年修理しながら使えていることもあり、一向に、決定的な改良品が開発されていません。

不具合 対策
スイッチが壊れやすい。 以前は塩化ビニールのチューブを使ったスイッチでしたが、最近はアルミ管を使ったスイッチにしています。(2006-8-4)
アルミ管スイッチの管部分は劣化にしくいようですが、管に取り付けられているリードスイッチが腐食して故障することがあります。湿気が原因と考えられるので、フタのパッキンが劣化していたりして筐体内部に水分が入っている場合には、できるだけ早く補修して下さい。(2010-11-16)
クギを挿してもスイッチが切れない。 クギを長さ45ミリ、直径2.5ミリのものにする。改善されない場合はスイッチの故障です。
クギを抜いてなくてもスイッチが入る。 気温が低いと誤動作することがあるとの報告が1度だけあったような気がしますが、詳細は謎です。
フタのパッキンが劣化する。 元のパッキンの予備はありませんが、当ページにて代替品(マスオカ P-41)を販売しています。また、平パッキンの場合には、適当なゴム板を 切って作るか、パッキンが入っていた溝に弾性エポキシ接着剤を流し込み、十分固まった後に、ネジ部分に盛り上がった接着剤をカッターナイフで切るという方法 が使えるようです。
アンテナのネジがはずれやすい。 φ3、ピッチ0.5mmの適当なネジを常備して下さい。 標準添付されているネジはさびにくいですが、代替品のネジはさびやすい事があるので、その場合には、ペネトロックスを塗布する等の対策をおすすめします。さび付いてしまった場合には、端子ごと筐体から取り外し、ネジをはずしてから、端子を組み付け直さないといけません。
DIPスイッチが劣化する。 DIPスイッチが効かなくなって、無変調連続送信のままになったりした場合には、マイコンをDIPスイッチが無い品種向けのものに交換すれば、DIPスイッチを無視して使い続けることができます。(2010-3-24)

現在の所、残念ながら新罠用発信器開発の計画はありませんので、当分、以上のような問題点が改善される見込みが無いことをご了承下さい。

尚、販売終了の予定はありませんので、部品が入手可能な限り販売できます。
(販売休止中です。)

あけび猫に修理を依頼された場合の修理料金等は概ね下記のとおりです(運送料金や部品代の変動、不測の事態により変更することがあります)。

状況 修理料金等
発信器基板の故障と思われるが、基板に付いている水晶振動子は壊れていない。 1台に付き3,000円(部品代、修理済み品国内返送費用込み)水晶振動子をのぞいて基板交換した場合、壊れた基板は再生品にする為、お返しできません。
水晶振動子のみ破損。 1台に付き1,000円(水晶振動子代、運送料別途必要)。
発信器基板全損。 新しい基板をお買い求め下さい。本体を送付いただければ取付工賃はサービス♪(但し送料及び部品代(スイッチが壊れてた場合等)は別途必要)壊れた基板も送っていただければ、状況により最高1,000円で下取り♪
スイッチのみ故障。 1台に付き2,000円(部品代、修理済み品国内返送費用込み)一度に2台以上送付いただいた場合、2台目以降は1台に付き1,000円でよいです。
その他。 基本的に1台に付き1,000円(部品代、運送料別途必要)。発信器基板の込み入った調整は、基板の修理相当とみなす場合があります。
故障品の輸送について。 お客様からあけび猫へ故障品 を最初に送付される場合には、送料や、運送中の事故に付いてお客様負担でお願いします。修理したはずの物が直ってなくて再びあけび猫へ送付した場合は、送料や運送中の事故はあけび猫負担になります。その場合には、EXPACKや簡易書留等の輸送状況が確認できる方法で送付して下さい。送料はお客様で立て替えておいてもらえれば、後であけび猫からお返しします。

完成品セットの数量による値引きについて。

当初、9個購入で1個無料進呈にしていたのですが、いつの頃からか5個以上まとめて購入の場合には、1個8,000円で販売しています。この場合には、送料はお客様負担となり、9個購入で1個無料進呈の対象にはなりません。1度に4個以下の購入の場合には、恐れ入りますが1個9,500円での計算でお願いします。

上記の価格はAWDE29の場合です。AWDD29の場合には4個以下は1個10,000円、5個以上まとめると1個8,500円です。

水晶振動子の在庫について。

水晶振動子の在庫がある場合には、お問い合わせがあった時にお知らせしています。在庫が常にいくつか在るか否かは気まぐれで全くアテになりません。20個位あることもあれば、全然無いこともあります。

★★★特徴★★★

・ 真の防水仕様
水道部品を使った、ユニークな筐体で、これまでの罠用発信器でありがちだった、防水仕様のケースを使っているのに、実際、使っているうちに、どこからともなく水が入っているという問題を解決しました。(もし水漏れしても、接着剤塗布や、スイッチやパッキンの交換で対応できます。)

・簡単な電池交換
これまで、電池交換する時、何本ものビスを回すのに、うんざりしたことがありませんか? 本製品なら、素手ですぐにフタが開きます。

・入手が容易な消耗品
本製品の消耗品(紛失しやすい部品)は、ホームセンター等で、容易に手に入る物ばかりです。

・聞分けやすい発信音
本製品の発信音は、発注時に、欧文モールス符号で指定することができます。

1. 一般仕様 2. 電池寿命 3. 監視可能距離
4. 価格 5. ご注文・お問い合わせ 6. 保証・修理等
7. 製品ご利用時のアドバイス 8. 送信間隔・データ速度の設定変更
9. 欧文モールス符号一覧(符号の短い順) 10. 発信器基板

1. 一般仕様

型番

AWDD29

AWDE29

送信周波数

144MHz帯中1チャンネル固定(水晶振動子使用)

電波形式

F2(一般的な144MHz帯FMアマチュア無線機で受信出来ます。)

送信間隔

4.6, 9.2, 18.6秒の3段階で切替可

4.6, 9.2, 18.6秒のいずれか

データ速度

速い, 遅いの2段階で切替可

速い, 遅いのいずれか

調整機能

無変調連続送信モード付き

なし

電源

006P型乾電池(9V)

動作電圧範囲

5〜9V

送信周波数の指定は、発注時のみです。その後の変更は出来ません。
発信音の変更は、モールス符号発生用のマイコンを交換することで可能です。
(写真の物はマイコンが基板に直付けされていますが、出荷される物にはソケットが使ってあり、
小さなマイナスドライバが一本あれば簡単に交換できます。)

2. 電池寿命

電池、発信符号

日数

マンガン電池(黒)、A(・−)

4日

マンガン電池(黒)、0(−−−−−)

2日

電池寿命は、色々な使用条件によって異なることがありますので、ここでは目安だと思って下さい。
送信間隔は、4.6秒、データ速度は「速い」でテストしています。
電池寿命は、発信符号が長くなるほど短くなります。
一文字の符号の場合、Aは3番目に短い符号で、0は最も長い符号です。
ここでの電池寿命は、スイッチが入ってからの時間です。
スイッチが入るまでの間、電池が発信器によって消費されることはありません。

3. 監視可能距離

受信アンテナ

距離

ハンディーフレキシブル

300〜500m

モービル5/8λ

2〜4km

監視可能距離(電波の到達距離)は、色々な使用条件によって異なることがありますので、ここでは目安だと思って下さい。
受信アンテナとは、受信機側に付けるアンテナの事です。
距離の表示は、「ここまでなら大概入感するだろう〜かろうじて入感するかもしれない」の形式になっています。また、この距離は、見通し直線距離です。山や建物に妨げられ、電波が届かない事はあります。
電池の消耗によって、リニアに監視可能距離が変化することはありませんが、やはり電圧が高い方が、若干電波の飛びがよいようです。
上記の距離は、電池寿命の範囲内で、電圧が5Vくらいまで下がる事を見越した値です。新品の電池で、電圧が10V程度であれば、見通し直線距離で、受信側アンテナがモービル5/8λの場合、5〜6kmくらい飛ぶ事もありますので、監視可能距離ギリギリの場所から監視しようと考えている場合には注意して下さい。

4. 価格

梱包内容\型番

AWDD29

AWDE29

完成品セット
組立調整済本体、アンテナ線、
丸クギ、プログラム済マイコン

10,000円
(送料込み!!)

9,500円
(送料込み!!)

基板のみ
水晶振動子搭載、組立調整済、
防湿コーティング(配線面のみ)済、
回路図、プログラム済マイコン

7,500円
(+送料:430円)

7,000円
(+送料:430円)

配線板&部品セット
部品配置図、回路図、配線板、
プログラム済マイコン、その他(詳細)
(筐体、専用スイッチ、アンテナ端子、アンテナ線、
水晶振動子は含まれていませんので、
必要に応じて別途ご注文下さい。)

3,000円
(+送料:120円)

2,900円
(+送料:120円)

パーツ・オプション 専用スイッチ(丸クギ付) … 1個¥500(+送料:62円)
アンテナ端子(ネジ付) … 1個¥140(+送料:62円)
アンテナ線(茶色・はんだメッキ済) … 1個¥100(+送料:62円)
筐体(半加工済・フタ、パッキン付き) … 1個¥500(+送料:200円)
パッキン(Oリングですが、平パッキンタイプの筐体にも使えるようです。) … 1個¥80(+送料:62円)
フッ素ゴムパッキン(前記のパッキンのフッ素ゴムタイプです。) … 1個¥240(+送料:62円)、1度に5個以上ご注文の場合には、1個200円。
マイコン(プログラム済) … 1個¥250(+送料:120円)
プリント配線板(エッチング、穴あけ済) … 1個¥1,000(+送料:62円)
水晶振動子 … 1個¥[要確認](+送料:430円)
モールス符号発生プログラミングライブラリ
シリアルポート接続PICライタ
表示の送料は、1セット(個)のみ日本国内に送った場合の料金です。
いくつかまとめてご注文された場合には、その都度送料をお見積もりします。
完成品セットを累計9個購入いただくごとに、完成品セットを、1個無料で差し上げます。
プリント配線板には、部品表と、部品配置図、回路図を添付します
お得意様限定ページよりダウンロードとなります)。
配線板&部品セットは、小型でチップ部品を多用し、調整するには、周波数カウンタやRFメータが必要な難易度の高いキットです。万一組立調整がうまくいかなかった場合で、水晶振動子が再利用できそうな場合には、その残骸全てを、一台に付き3,000円分の郵便小為替を付けて返送してもらえれば、当方にて補修、調整致します。ただし、水晶振動子が当方指定の物で無い場合や、目的の周波数がハムバンド以外の場合には調整できないかもしれません。当方は、運送中の事故を補償できませんので、返送の際には書留にする事をおすすめします。返送の費用はお客様にてご負担下さい。補修が可能な場合、郵便小為替は、補修料金及び補修完了品の発送費用として全額いただきます。補修が不可能な場合には、残骸と共に返返送致します。返返送の際の運送料は着払いとなります。

5. ご注文・お問い合わせ

∫∫∫送出データ∫∫∫

データは、欧文モールス符号で指定してください。アルファベットや数字、単語間のスペース等、20文字までの文字列で指定できますが、データが長くなるとその分送信時間が長くなり、電池の消耗が速いので、"A"や"I"等、一文字で短い符号にしておくのが無難です。指定無き場合には、こちらで適当なデータを入れておきます。

送信間隔は4.6秒、データ速度は「速い」が標準ですが、ご希望があれば一般仕様の範囲内で指定できます。

∫∫∫送信周波数∫∫∫

送信周波数は、144MHz〜146MHzの間で、10kHz単位で指定して下さい。指定無き場合には、こちらで適当な周波数にしておきます。

∫∫∫塗装∫∫∫

ご希望の場合には、塗装も致します(無料)。色は茶色系のみで、方法は、直接スプレーをかけて乾かすだけですので、使っているとすぐに所々剥げてしまう、簡易的なものですが、罠場で目立たなくなり、おすすめです。

ご注文方法の続きはこちら

6. 保証・修理等

・製品のお買い上げ後、1年以内に使用を開始した場合の初期不良に付いては、当方の判断により、補修、交換、返金にて対応します。それ以外の責はご容赦下さい。

・初期不良以外の経年劣化や、製品の特性(不測の特性も含む)、誤った使用や不慮の事故、天災等による故障の場合、修理、補修が可能であれば、有料にてお受けします。(製品の価格の中に保守料金は含まれておりません)料金は状況によりますので、お問合せ下さい。

・品質に若干のバラツキはあるかもしれません。若干の音質の違い、送信周波数のズレや、出力の違い、見栄えは、実用範囲内であれば大目に見て下さい。

・本製品が正常に動作しなかった事による損害は補償しません。

7. 製品ご利用時のアドバイス

・消耗した電池は、速やかに交換して下さい。十分な電圧が出ている場合でも、電池の消費期限が切れていたら交換して下さい。ほおっておくと、肝心な時に発信しないばかりか、液漏れによりスナップや基板を損傷させます。 特に、消耗した電池を装着したまま、長期間スイッチが入ったままの状態になると、過放電により、液漏れの可能性が高くなります。尚、完成品に添付されている電池は、電池の取り付け方の見本と、簡単な動作確認を目的としたもので、本使用される事は考慮されてなく、使用推奨期限が切れている事があるのでご注意下さい。完成品到着時には、速やかに動作確認し、電池を抜いてから保管するか、使用推奨期限の過ぎた電池を新しいものに交換してから使用することをおすすめします。 見本の電池は付かなくなりました。006Pマンガン電池を準備して下さい。アルカリだと極性間違いした時に壊れるので、マンガンをおすすめします。(2012-6-25)

・通常、送信間隔は「4.6秒」、データの速さは、「速い」で使用します。データが長くて、電池の持ちが悪いと思われる場合には、送信間隔を伸ばし、了解度が悪く、符号が聞き取りにくい場合や、スケルチの開きが悪い場合には、データの速さを遅くしてみて下さい。

本製品は、正常な状態では、水漏れする事はありません。万一、電池の交換時に、本体内部が濡れている事に気がついたら、よく乾かして下さい。その際、フタのパッキンが 劣化していると思われる場合には、新しいパッキンに交換して下さい。スイッチの穴、アンテナ端子、フタの接合部分が緩んでいる場合には、硬質塩ビ用接着剤やゴムボンド等で補修して下さい。それでも水漏れするようでしたら、スイッチの穴の内部のチューブが破れていることが考えられます。スイッチの交換が必要ですので、ご連絡下さい。フタのパッキンは2シーズン位使うとほとんど劣化してひび割れてくる様です。スイッチのチューブは厚いタイプ(1.1mm程度)と薄いタイプ(0.6mm程度)の物がありますが、薄いタイプの物は2シーズン位使うとクギの差込口に亀裂が入ることがあるようです。その場合には差し込み口に塩ビ用接着剤をベットリ塗布し、乾かしてみて下さい。最近は、スイッチにアルミ管を使っています。(2006-8-4)

・乾電池のスナップは、使っているうちに電極を差し込む部分の根元が腐食したりして、もぎ取れてしまう事があるかもしれません。その場合には、スナップについているリード線を適当な所で切断して、新しいスナップを接いで下さい。また、めったには無いと思うのですが、スナップの端子のメスの方が広がって接触不良を起こすことがあり、動作が不安定になる事が考えられます。その時には、広がった端子をペンチ等を使ってすぼめて下さい。電池側の端子が広がってる場合もありますので注意してください。同じ006Pの電池でも、よく端子を観察すると、メスの端子の先端が、外側に広がっているものと内側に折り込まれている物がありますが、前者の物が接触不良をおこしやすいようです。

・クギは、長さ45ミリ、直径2.5ミリを標準サイズとしています。もし、これ以外のサイズの物を使っていて不具合がある場合には、標準サイズの物を使うように改めてみて下さい。

・スイッチからクギが抜けてないのにもかかわらず、発信器が動作している場合や、また、その逆の場合には、スイッチの不良が考えられますので、ご連絡下さい。

・クギが抜けているのに、発信器が動作していない場合には、先ず、電池が消耗していないかどうかチェックしてみてください。電池が消耗している場合、あやまって、最初から消耗しきった電池を入れていたという事も考えられますが、そうでない場合には、スイッチの不良により、発信器をしかける前に発信器が動作し、電池を消耗してしまった事が考えられますので、ご連絡下さい。

8. 送信間隔・データ速度の設定変更


図s

スイッチ

機能

1 2 3
送信間隔
ON OFF   4.6秒
OFF ON   9.2秒
ON ON   18.6秒
データ速度
    OFF 遅い
    ON 速い
調整機能
OFF OFF   無変調連続送信

本器は、内部基板に付いているDIPスイッチによって、動作を変更することが出来ます。(DIPスイッチの付いていない品種を除く)
スイッチを数字が書いてある方にスライドさせるとONの状態になります。
通常は、図sの状態で使うとよいでしょう。

9. 欧文モールス符号一覧(符号の短い順)

長さ 文字 符号 長さ 文字 符号 長さ 文字 符号
2
4
4
6
6
6
8
8
8
8
8
10
10
10
10
10
10
10
10
E
I
T
S
A
N
H
D
R
U
M
V
B
F
G
W
K
L
5

・・

・・・
・−
−・
・・・・
−・・
・−・
・・−
−−
・・・−
−・・・
・・−・
−−・
・−−
−・−
・−・・
・・・・・
12
12
12
12
12
12
14
14
14
14
14
14
14
14
C
P
O
X
Z
4
J
Q
Y
3
7
/
=
+
−・−・
・−−・
−−−
−・・−
−−・・
・・・・−
・−−−
−−・−
−・−−
・・・−−
−−・・・
−・・−・
−・・・−
・−・−・

16
16
16
16
16
16
18
18
18
18
20
20
20
20
2
8
?
-
(
"
1
9
.
:
0
,
'
)
・・−−−
−−−・・
・・−−・・
−・・・・−
−・−−・
・−・・−・
・−−−−
−−−−・
・−・−・−
−−−・・・
−−−−−
−−・・−−
・−−−−・
−・−−・−
一線の長さは、三点に等しい。 
一符号を作る各線又は点の間隔は、一点に等しい。 
二符号の間隔は、三点に等しい。 
二語の間隔は、七点に等しい。 

10. 発信器基板

発信器基板とその説明です。
種類 発信器基板 配線板 説明
罠用発信器 AWDC29 W28 部品穴はφ0.7ミリ、チップ抵抗は3216サイズを前提に設計されています。配線板の番号はこれより古いものもありましたが、それらは若干部品の配置や線の引き回しが異なっていたり、余分なパスコンが付いていたりするだけで、基本的には同じようなものです。
W31 W28をベースに、チップ抵抗のサイズ2012(2125)、部品穴φ0.8ミリに対応させたものです。
AWDD29 W31 AWDC29をベースに使用部品を入手しやすいものに見直したものです。AWDD29はAWDC29よりも出力が1.5デシベルほど弱いだけで、あとはAWDC29と同じです。
AWDE29 W31 AWDD29よりDIPスイッチとそれに付随する抵抗を除いたものです。DIPスイッチとそれに付随する抵抗が無いこと、それによりマイコンのプログラムが変更されたことを除けばAWDD29と同じです。
AWDF29 W31 AWDC29よりDIPスイッチとそれに付随する抵抗を除いたものです。DIPスイッチとそれに付随する抵抗が無いこと、それによりマイコンのプログラムが変更されたことを除けばAWDC29と同じです。
AWDG29 W31 AWDF29をベースに使用部品を入手しやすいものに見直したものです。AWDF29からのも出力の低下は概ね2デシベル以内です。(通常は1〜1.5デシベル)

にへるつおるぐ

おすすめ広告